肝硬変マニュアル〜予防とケア〜


sponsored link


  第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。






肝硬変の治療-予防とケア-

sponsored link


予防とケア

いくつかの要因が重なることによって、最悪の場合死に至ることもある肝硬変。できれば避けて通りたいところです。

肝硬変の予防とケアは、記述の治療方法と何ら変わりません。肝硬変の治療で説明した「肝臓の活動を助けること」が肝硬変の最大の予防法となります。生活習慣の改善を目的として、アルコールを制限し、タンパク質や塩分などの栄養素のコントロールが必要になってきます。栄養バランスの取れた食事を心がけながら、適度な運動を取り入れることによって代謝機能の回復も取り組んでいきます。

肝硬変の主な原因となる脂肪肝や肝炎にならないようにするには、肝臓に負担をかけないことと免疫力を低下させないことが重要となります。肝臓の負担を軽減するのには食後の休息もひとつです。食後1時間近くは肝臓の活動が活発になるので、ゆっくり休んであげるのが望ましいです。よく噛んで食べたり、水分を多くとることも消化を助けてくれます。

またホタテやタコなどの貝類や軟体動物に多い「タウリン」、ウコン茶で知られるショウガ科の「ウコン」などは、肝臓の機能を強化したり再生能力を助けたりと、肝臓の負担を減らす作用があると言われています。

sponsored link


copyright©2009  肝硬変マニュアル  All Rights Reserved