肝硬変マニュアル〜肝臓の役割〜


sponsored link


  第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。






肝臓について-肝臓の役割-

sponsored link


肝臓の役割

肝臓は内臓の中でも一番大きく、機能は小さなものから大きなものまで数えると500以上もの機能があると言われています。重さは体重の約1/50でおよそ1.5kgほどあります。血流は肝動脈と門脈の2つの血管から栄養を受け、肝静脈へと排出されています。また、胆管からは消化器官との繋がりも持っています。場所は右腹部で横隔膜の下にあり肋骨に覆われています。主な機能としては「代謝」「解毒」「消化」の3つが挙げられます。代謝のひとつであるアルコールの分解は有名な機能の一つです。

肝臓は再生能力が高く、一部の細胞が損傷しても再生するまでの間は他の細胞がその分を補う形で働いてくれます。これは肝臓には肝臓にしかない門脈という血管のおかげで栄養不足に陥ることがなく、常にフル活動できるからです。
それが原因で肝臓のダメージが表面に現れることがほとんどなく、気付いたときには処置の施しようがないほど損壊してしまっているということが多々あります。このことから「沈黙の臓器」と呼ばれ、日頃の摂生を呼びかけられているわけです。

また血液循環が頻繁な場所でもあります。常に体全体の10%を超える量(およそ500ml)の血液を含んでいます。そのため損傷して出血すると、大量出血につながりやすい非常に危険な場所と言えるでしょう。

sponsored link


copyright©2009  肝硬変マニュアル  All Rights Reserved